今朝も午前3時に目がさめてしまった。
今日、土曜日と日曜日は夜も居酒屋を手伝うことになりそうだ。体力を温存しておかなくては。

クーラーをつけなくてもよい日々になった。お客さんに出すお茶は冷たいのがいいのだろうか、熱いのがいいのだろうか、とちょっと迷う時期だ。今、ふたつ用意している。お年寄りは熱いの、若者は冷たいの。

安倍三選が決まった。石破さん、善戦だとかいわれているが、あの悪人顔の石破さんが、まるで善人と勘違いしてしまいそうなほどの悪の安倍政治。

いくらなんでも、三選はないだろう。

外交が無能だ、アベノミクスの経済政策が破綻している、法案を強行採決する、などのもろもろの政策ではなくて、モリトモ、カケイの罪だ。こんな首相をゆるしておくのか。

おおげさにいえば、日本の国民はこれで3回目の敗北に直面したと思っている。1回目はあの昭和の戦争の敗戦だ。だれも責任をとることなく戦後を始めた。2回目は原発事故。だれも責任をとることなく、その後も原発再稼働。
3回目が安倍政治だ。あれほどのウソが明らかにされても、だれも責任をとることなく、圧倒的に支持される。
なんだ、これは!

最近、この日録もあまり書けなくなった。

パソコンの前に座ってなにか書こうとすると、今までの習慣でどうしても一服吸いたくなる。いや、一服吸わないと、書けない。で、夜はすぐに寝ることにしている。寝てしまったら、タバコのことは忘れる。だから、最近、NHKニュースも報道ステーションも見ていない。ただ、早く寝ると、朝早く目が覚める。午前3時ころ。これはかなわん。

明日、総裁選だ。まったく関心なし。
ただ、安倍首相が三選に決まったら、メディアはそれをどう伝えるのか。これは見ものだ。
どこかひとつくらい、こんな首相、認められない!と正論をいえないのか。

先日、町の健康診断を受けた。そのとき、お医者さんの問診があり、なにか気になることがありますか、と聞かれた。禁煙を始めたのですが、50年以上の習慣をやめたので、なにか問題が生じるのではないですか、大丈夫ですか?と聞いた。禁煙したことによる体調の変化というのはお医者さんもあまり知らないのか、体重がふえるかもしれませんね、としかこたえてくれなかった。

タバコはストレス解消になる。タバコをやめると、ストレスがふえてガンになりやすいってことないよなあ。
完全禁煙1か月を過ぎた。タバコを吸えたら、どんなに幸せだろうと今でも思う。しかし、まだ、がんばる。

タバコの次に、無駄なのでやめようかと考えているものに新聞がある。これも、タバコ同様、長い年月、習慣となってきた。しかし、その劣化にはため息が出る。読むに値する記事がない。毎月4000円以上払う意味がない。

新聞の記者、編集者たちは、新聞の配達員、販売店の店長たちの苦労を考えたことがあるのだろうか。あんな新聞つくりをしていて、販売店の店長、配達員にどんな顔を向けられるのか。

安倍総理が圧倒的な強さで三選されるという。また、総理大臣になるという。なぜ、新聞で、ありえない話だ、どの顔で総理になるつもりだ、の記事が書けないのか。今、安倍政権をたたかないで、いつ、だれが批判できるというのか。新聞は批判をやめたのか。新聞を購読する意味がなくなるのは、当然だろう。

台風21号の爪痕。

車で通勤中、電気のついていない信号がある。車がこないかどうか、自分の目で確かめて通行することになる。おまわりさんが交通指導をしている信号もあった。信号の明かりはついているのだが、強風のために信号があらぬ方向を向いたままの信号機もあった。

台風21号では、関空の欠陥が明らかになったけど、その復旧の前に突然、北海道の地震。震度7.北海道全域が停電。オール電化の危うさ。

それにしても災害が多発している。

「小人が国家をおさめると災害ならび至る」と中国の「大学」という本に書いてあるそうだ。大塩平八郎はその檄文にこの言葉を冒頭に持ってきた。大塩にとって、災害は、この国の民衆に代わって天が怒りを表していると考えたのだろう。

この災害ならびいたるとき、この国をおさめる安倍氏はまた用もない外遊にでかけるのかい?

今日は台風のため、臨時休業にした。

テレビでは今世紀最大の台風といっていた。たしかに、わたしが大阪に住んでから初めての強風だった。
午前中は雨もあまり降っていなかったので、うしおに堂の店にいく。テラスは雨漏りしていた。

午後、自宅の2階のベランダに15cmほど雨水がたまっていた。1階に雨漏りしていたので、気がついた。
洗面器で雨水を捨てる作業をする。夕方、台風は去ってくれたようだ。だが、テレビが午後7時半ころから映らなくなった。台風の影響だろう。

あまり食べていないのに、おなかが張っている。これはなんの影響だろうか。

テレビは体操協会の塚本夫妻のパワハラ問題ばかり。塚本氏の自宅までいき、マイクを向けていたが、なぜ、加計孝太郎にマイクを向けられなかったのだ?日大のアメフト問題はどうなったのだ。ボクシング連盟はその後、どうなのだ?東京医科大学の入試不正問題は?森友加計問題は?どれもこれも中途半端。

あのモリカケ疑惑の中心人物がまた今月に総理大臣になる。これこそ、大事件なのに、メディアは知らんぷり。

完全禁煙3週間。一本も吸っていない。禁煙外来も禁煙パッチも禁煙ガムも必要ない。ただ、我慢すればいいのだ。吸いたい、とは毎日思う。

吸い始めたのは高校生のとき。はじめは、吸うたびに、頭がクラクラするので、ベッドに横になった。便所で吸っていたが、バレてしまい、半分、黙認状態(さすがにおおっぴらには吸えない)。

あれから50年。常にタバコと共に生きた。トイレはもちろん、風呂の湯船の中でも、朝おきてから寝るまで手放さない。たばこ代が80円から100円くらいだったら、今でもやめていないだろう。しかし、ランチ代くらいの値段だ。ばかばかしいので、やめる決心をした。

あれから50年というが、肉体は変わるけど、精神は変わらないというのが実感。われながら、ちっとも成長しない。18歳くらいになったら、人間の基本形はできあがるのかもしれない。。

パソコンに向かってなにかブログに書こうとすると、いつものくせでタバコを一服吸いたくなるので、最近は、早く寝てしまうことにしている。

NHKニュースも報道ステーションも見なくなった。スポーツには興味なしだ。
新聞も近頃はつまらん。昔は、朝、ポストから新聞を取り出すときは、どんな記事があるか楽しみがあったけど、今はまったくなし。若い人が新聞をとらないのもうなずける。夕刊に「素粒子」という短い風刺文がのっているが、今年の春から、筆者が交代して内容ががくんと落ちた。以前は、寸鉄、人を刺す鋭い風刺があって読ませるのもあったが、いまのは凡庸、説明的でいただけない。

今、新聞で楽しみにしているといえば、週に1回掲載される読者の短歌欄だけ。短歌には無縁な人間なのだけど、短歌の中に政治への鋭い批判がある。俳句となると短すぎてわからない。

今日、安倍首相がやっと総裁三選に立候補を宣言したそうだ。おやおや、どの顔でそれをいうか。モリカケのあとでなお、首相をやるつもりかい?国の恥だからやめてほしい、やめなさい、と国民の声が起きても不思議ではない。
明日の新聞は、安倍総裁立候補をどう記事にするか。おそらく、つまらないだろう。なぜなら、おやおや、どの顔で立候補するのだ、という国民の視点をメディアは持っていないからだ。

と、ここで一服。のかわりに数字をかぞえた。

スマホで「タバコをやめてどうなったか」という情報を集めてみた。
「血圧が上がった」「体重がふえた」「体調がくずれた」「ご飯を食べ過ぎて糖尿病になって死んでしまった」
とかいろいろ。スマホも見ないほうがよいのかも。

本日から、ランチ、平常通り、営業。

平常通り、営業しながら、いつもと違う自分を感じる。

愛する人と突然、別れた喪失感、欠落感。胸にぽっかり穴があいている。
なにせ、今まで、常に一緒に生活し、悲しい時も苦しい時も楽しい時もそばにいてくれた多葉子。

命よりも大事にしていた多葉子。それが、存在しない。これはつらい。

しかし、別れなければならない。多葉子、いや、タバコ。
本日で完全禁煙10日目。1本も吸っていません。


日本剣道連盟の「居合道」の審査でお金の力が必要という不正が明らかになった。レスリング、アメフト、ボクシングに続き、今度は武道である「剣道」の世界も。

剣道には日本の文化と伝統がある、剣道を通して青少年に伝統の心を育てようと、おそらく、剣道連盟なども、中学校の武道必修化に力をいれたのだろう。

まったく、はずかしくないか。剣の心を汚すものだ。

わたしの東京の友人が定年退職したあと、「居合道」をはじめ、現在、4段の腕前だ。無外流の達人といっていい。
しかし、かれも「上下関係の厳しいピラミッド型の体質が嫌いで、群れを嫌う孤高の剣士でありたい」と言っていた。やっぱり、剣道の世界もピラミっドなのだ。スポーツはどの世界もそうなのかもしれない。

スポーツの先輩後輩の関係。これ、大嫌い。先日、せがれが温泉に入ったとき、そこに高校野球(甲子園)の高校生たちが団体で入ってきたそうだが、先輩は後輩に「おい、ジュース買ってこい」とか命令し、その態度におどろいたそうだ。
いま、なお、先輩後輩は続いている。

オリンピックに参加するスポーツ連盟の団体、スポーツと政治は関係ないといいつつ、まずほとんどの団体が憲法改正に賛成なのだろうと思う。

今日は、クーラーをつけなくても過ごせるようになった。これで酷暑が終わりになってくれたらうれしいけど・・・。

わたしの夏休みもそろそろおしまいだ。休み中、酷暑なので、できるだけ外には出ないよいうにした。孫がきたときだけ、プール、花火、映画館と、外に出た。他には何もしない。なんにもしないのも寂しいので、禁煙を始めた。今までは、禁煙といっても、1本くらいはいいだろうと、1日2,3本飲んでいたが、今度はきっぱりと完全禁煙。1本も吸っていない。

また、いままでは、ニコチンパッチを腕にはったり、ニコチンガムを噛んだりしたが、そんな弱気な補助食材も使わない。禁煙するときは、コーヒーや酒を控えた方がよいといわれるが、コーヒーも酒も毎日、飲んでいる。

なにをしたって、吸いたいときには吸いたくなるのだ。我慢するしかないのだ。禁煙するための小賢しい方法などない。数分ごとに波状攻撃のごとく、吸いたい衝動にかられるが、その時には数を15までかぞえるようにしている。

きっかけは、居酒屋の店に毎日、酒や食材を納品してくれる業者さん。先月、この業者さん、「今年の正月にふとタバコを吸うのをやめようと思って、それから半年、続いています」と話してくれた。「それはえらい!おれもやめよう」とすかさず反応した。

店を再開し、今度、この業者さんに会ったら、「おれもやめたぜ」と言うつもりだ。

いちにさんしごろくしちはちくじゅう・・・・・・・・・。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM